2011年01月22日

【対談】草食ゴジラ×うさぎちゃんPart4

チワワ×うさぎちゃん×草食ゴジラ.jpg
うさぎちゃんとの対談も今日が最後です。
バブルが崩壊した1990年代が、経済問題でたいへんだったとうさぎちゃんは言います。
この厳しい時期をなんとか越えてこれたのはアベルの存在だったそうです。


草食ゴジラ:
先回の続きで、貸金のへんな法律をわかるように説明してもらえますか。

うさぎちゃん:
グレーゾーンは、異なった二つ法律がそれぞれ違う上限金利を決めていることが原因です。
ひとつは、この前説明したとり、20%、18%、15%と金額ごとにきまっている利息制限法です。
もうひとつは、「40.004%まで貸していいですよ」という、貸し手の上限金利を決めた出資法というのがあるわけです。2000年以降は29.2%に下がり、昨年から20%になってます。
ちなみに、20数年前までは109.5%という時代もありました。

草食ゴジラ:
出資法?・・・109%?

うさぎちゃん:
わかりづらいですよね。
利息制限法の20%、18%、15%というのは、
借り手側が「これ以上の金利を払わなくてもいい」という上限金利。
出資法の40.004%というのは、
貸し手側が「利息制限法の金利より高利であっても40.004%までなら受け取っていいですよ」という上限金利です。これ以上を受け取ってしまうと罰則があるわけです。
・・・・
一般の方は利息制限法自体知らないので、払わなくてもいい高い金利を払ってしまいます。
金融業者にしてみれば、お客さんが高くても『好きで払ってくれる』金利と解釈して、喜んで受け取るわけです。

草食ゴジラ:
好きで?・・・好きでなんか払ってませんよ。

うさぎちゃん:
法律上はそうなんです。
ですから、本来支払う義務のない不当なものですから、返してください!と言えるわけです。

草食ゴジラ:
だから“過払い請求”。

うさぎちゃん:
確かに、残金もなくなるほど過払いになっていれば、「返せ」と言えますが、計算し直しても、まだ借金が残る場合は、丁重に「減額していただけますか?」とお願いになるわけです。

草食ゴジラ:
でも、払いすぎたんだから当然減額すべきですよね。

うさぎちゃん:
そのとおりですが、単純に減額してくれる業者もあれば、減額を希望すると、一括清算を要求する業者もありますので、要注意です。

草食ゴジラ:
そういえば、ブラックリストにのるとか聞いたことがありますが。

うさぎちゃん:
法定金利で計算し直して、残金がゼロ以下になれば、まったく心配はありません。
ただ、法定金利でも残金が残る場合は「契約見直し」という情報が載ると思います。
これも、載せる業者と載せない業者があると思います。
貸金業者はJICC(日本信用情報機構)に借入情報を登録するので、個人情報の開示請求をすれば確認できます。
借金の多い方は、総量規制で年収の3分の1しか借入できませんので、個人情報の心配自体あまり意味がありません。
ブラックリストの情報は5〜10年は消えませんが、おそらく、“契約見直し”は支払いが終われば消えると思います。保障はできませんが。

草食ゴジラ:
私の場合、オリ○ですが、どのようにしたらいいですか?

うさぎちゃん:
まずは、オリ○に電話してください。
言うことは、「取引履歴を送ってほしいのですが。」です。
本人確認をされたあと、担当部署に回されます。
理由を聞かれますので、
「過払いの確認をしたいから」と言ってください。
言い間違えて、「過払い請求をしたいので」と言ってしまった婦人がいて、この婦人は、この時点でまだ多くの残金がありました。
だから、話の流れで、解約するんですね?となってしまい、残金を一括で納めるという話になってしまいました。一瞬あせりましたが、最終的には金利0%で分割になりました。
何度も言いますが、理由を聞かれたら「過払いの確認をしたいから」です。
ふつうは、これだけでいいのですが、たまに、いつからいつまでの履歴が必要ですか?と聞かれることがあります。
この場合、「契約したときからすべて」と言ってください。
サラ金系の場合は、お店に取りにきてくれればすぐ渡しますと言われたり、信販系の場合は、まず取引履歴の申請書を送ってくるところが多いです。

草食ゴジラ:
まずは電話をするということですね。

うさぎちゃん:
武富士は会社更生手続きが開始されています。
ここには2月28日までに請求しないと、過払い金は1円ももらえません。
取引が終了して10年以内であれば、たとえカードがなくても、住所と生年月日で本人確認ができますので、すぐに取引履歴を送ってくれます。
ネットで検索すれば電話番号はすぐわかりますから、こころ当たりの方は急いでください。
ただ、武富士は事実上倒産ですから、過払い金の10〜20%くらいしか払われないだろうと言われています。

なんていうか、あんな大会社が倒産しちゃうというのは、端的に言えば、「法律が変わった」からなんです。
過払い請求なんていうのは、4年前まで、完済したものを返金請求するなんてことは出来なかったわけです。それも、連続した取引であれば、何十年でも遡って返金請求できるんですから。
このことこそ、へんなんですけどね。

法律事務所が盛んにCMで勧誘していますが、基本的には本人だけで十分できますから。
あと、多重債務になっている方などは、簡易裁判所で“特定調停”といって、月々の支払額も減らしたり、金利もおおむねゼロになりますから、困ってる方は挑戦したらいいと思います。

草食ゴジラ:
裁判所ですか・・・。うさぎちゃんは、相談にのってくれますよね?

うさぎちゃん:
いっぺんに相談されても対応できないので、草食ゴジラさんと直接連絡の取れる方だけだったら・・・・。

草食ゴジラ:
そうですよね。
わかりました。
オリ○から“取引履歴”?がきたら、連絡します。

貴重なお話をありがとうございました。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村

タグ:平和大使
posted by 草食系ゴジラ at 13:05 | 東京 ☀ | Comment(1) | 統一教会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月21日

【対談】草食ゴジラ×うさぎちゃんPart3

灰原×うさぎちゃん×草食ゴジラ.jpg
昨日の話の中に、“過払い請求”という話がでてきました。
確かに電車に乗ると、中づり広告などにたくさん出ています。
ほとんどの方は、関係ないと思っているようですが、武富士はこの過払い金で事実上倒産になったそうです。
たくさんの金融会社がありますが、このような過払い金の総額は10兆円とも言われています。
うさぎちゃんによると、一度でもカードで借入をしたことがある方は、“気づいていない貯金”があるという意味らしいです。

草食ゴジラ
さっそく“過払い”の説明をお願いします。

うさぎちゃん:
草食ゴジラさん、法定金利ってわかりますか?

草食ゴジラ:
えー、18%ですよね。

うさぎちゃん:
さすがですね。
補足しますと、
1〜9万9999円までは年利20%
10万〜99万9999円までが年利18%
100万円以上が年利15%です。
これは、利息制限法という法律で、利息の上限を決めて、「それ以上の金利は支払わなくていいですよ」ということです。

草食ゴジラ:
「払わなくていい」といっても、みんな、払ってますよ。
私は以前、丸井にお世話になってましたが、28%くらいでしたよ。
これは、違法ってことですか?

うさぎちゃん:
違法か?・・・。
違法ではない・・・・たぶん。

草食ゴジラ:
たぶん?・・・では合法?・・・どっち?

うさぎちゃん:
合法・・・だけど・・・不当。
裁判になると、『不当利得返還請求事件』という名前がつくんですね。

草食ゴジラ:
・・・・・。

うさぎちゃん:
だから、こういうどっちつかずのあいまいな部分があるので、『グレーゾーン』っていうんです。
例を出して詳しく説明します。
草食ゴジラさんが2000年1月1日に丸井から50万円借りたとします。
金利が28%として、毎月1万5000円ずつの返済にすると、返し終えるのに66回かかります。
返済日を翌月から毎月1日にして、最後の2005年7月1日に1957円を払って完済です。
返済した総額は97万6957円になります。

草食ゴジラ:
えーと、47万6957円が金利ということですね。
倍ですね〜。

うさぎちゃん:
ええ。
借入は100万未満ですので18%が法定金利になります。ですので、28%の金利を18%に置きかえます。すると、完済した2005年7月1日時点で27万8974円の金利を払いすぎたことになります。

草食ゴジラ:
ということは、その27万円が“過払い金”というやつですね。

うさぎちゃん:
そうです。
さらに、その27万円の過払い金は2005年7月時点での話ですから、すでに5年半が経過しています。
すると、この27万の過払い金に対し、年利5%の金利もプラスして頂けるんです。

草食ゴジラ:
なに・・・ちょっとへんじゃないですか!貸金業者から金利をとるんですか?

うさぎちゃん:
まあ、そういうことですね。
簡単には出してくれませんが・・・。
一応、民法404条に「利息を生ずべき債権について別段の意思表示がないときは、その利率は、年五分とする。」とありまして、まあ、法的には頂けるわけです。

草食ゴジラ:
で、今日は2011年1月21日ですから、いくらになりますか?

うさぎちゃん:
27万8974円に対し、2030日分の金利が8万8737円プラスされますので、36万7711円になります。

草食ゴジラ:
36万ですか・・・けっこうな額ですね〜。
私が借りた金額が50万円、金利は47万で・・。
えーと、36万引くと・・、結局11万の金利か〜。

うさぎちゃん:
そうですね、完済してから5年半ですから、けっこう金利もついたわけですよね。

草食ゴジラ:
5年半で8万の金利ですよね・・・、もう10年くらいほっておいたら、50万以上もらえますね〜・・・銀行に預けるより有利でしょ。

うさぎちゃん:
あれ?
そういうことを言った人は初めてです。
確かに、金利はつくかもしれませんが、取引が終了してから10年経過してしまうので『時効』ですね。1円ももらえません。

草食ゴジラ:
え?時効?私は丸井から本当に借りてたんですよ・・・昔。

うさぎちゃん:
いつ完済しました?

草食ゴジラ:
20年前。

うさぎちゃん:
ちょっと無理だと思います・・・かわいそうですが。

草食ゴジラ:
は〜。
オリコはまだ借りてます。

うさぎちゃん:
金利は?

草食ゴジラ:
18%・・・ダメか〜。

うさぎちゃん:
契約したときから18%でした?

草食ゴジラ:
え〜と、たしか、最初のころは22%でした。

うさぎちゃん:
それでは、4%分が過払いですね。

草食ゴジラ:
ん?
そうか、今が法定金利でも、“昔”高ければ対象になるんですね。
素朴な疑問ですが、なんで、そんな不当なグレーゾーンっていうものがあるんですか?
やっぱり、へんじゃないですか?

次回はそのへんを聞いてみます。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村

タグ:平和大使
posted by 草食系ゴジラ at 12:17 | 東京 ☀ | Comment(0) | 統一教会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月20日

【対談】草食ゴジラ×うさぎちゃんPart2

ミナミの帝王×うさぎちゃん×草食ゴジラ.jpg
昨日に引き続き、うさぎちゃんとの対談です。
うさぎちゃんは、マネーエージェントとして、知る人ぞ知る方ですが、昨日のお話では、だいぶお金の苦労をされたようです。
苦労の中で、金融機関との付き合い方を学ばれたようです。



草食ゴジラ:
では、貸金業について説明してもらえますか。

うさぎちゃん:
貸金業者に対するイメージとして、“取り立て”の恐怖があると思います。
だいぶ前ですが、私の所属する教会に、大変な人が伝道されかけまして、テレビにも出てた人なんですが、「死なない限り、必ず取り立てる」という方でした。
借金の額にもよりますが、1年くらい船に乗せて働かせるとか、病床の金持ちに、腎臓を売らせるようなことまでやったようでした。
あいにく、教会に通うことはありませんでした・・・。

このような取り立ては、いまとなってはたぶん・・・無いと思いますが、毎年3万人以上の自殺者のうち4分の1が経済問題が原因だと言われてるんです。

一部の闇金なんかは、かなりひどい言葉で責めてくるようですが、最近は警察に相談すれば、すぐに対応してくれます。

基本的に、上場しているところは、脅すような言葉はけっして使いません。
督促の電話も時間帯が限られていまして、「午前8時〜夜9時まで」です。
もし、これ以外の時間に電話等があれば、法律違反となります。
勤務先にもかけてこないはずです。原則禁止ですので。
同居中の家族にも秘守義務があるので何も言えません。
もし、疑わしい場合があれば、財務局などの金融機関を監督する機関がありますので、そちらにクレームを言えばいいわけです。金融業者にしたら非常に嫌な客になります。

草食ゴジラ:
なんとなくはわかりますが、けっこう大変そうな話ですね。

うさぎちゃん:
うーん、昔はこんなアドバイスもしてましたが、最近はここまで困っている人はあまりいません。
まったく支払い不能であれば、「ほっておいても何もされませんよ!」ということなんですが・・・。ハハハ。

草食ゴジラ:
えー、ほっといていいんですか?

うさぎちゃん:
いや、過払いの計算をしても、借金がかなり残る場合ですよ。

草食ゴジラ:
過払いの計算?

うさぎちゃん:
金利が法定金利を越えている場合ですが、計算しなおすと借金がかなり減るんです。
取引の長さや金額にもよりますが、払いすぎた金利が多くて、借金が消えた上に、払いずぎたお金を返してもらえることがあるんです。

草食ゴジラ:
お金が返ってくるんですか・・・・?
それは、弁護士さんとかにお願いするんですよね?

うさぎちゃん:
そうですね〜。
それはそれでいいんですが、けっこう手数料を取られて、手元に残る分が消えちゃったりするんですよねー。

草食ゴジラ:
手数料はどのくらいかかるんですか?

うさぎちゃん:
だいたい20%〜25%ですね。
これは、弁護士でも司法書士でもあまりかわりません。
たとえば、ア〇ムから50万円借りてるとします。
現在の残金も50万円とします。
10年以上借り続けていた場合、だいたい50万円くらいの過払い金が戻ってくると思います。

草食ゴジラ:
えっ・・・50。

うさぎちゃん:
この場合の手数料は、2段階になって、
50万円の借金が0になった減額分に対する手数料が10%で5万円。
過払いになって戻ってくる50万円に対する手数料が20%、裁判になった場合は25%で、ア〇ムは裁判にしないと半分しか返してくれませんので、普通は裁判になります。
そうすると25%の12万5000円ですね。
裁判にかかる実費などが、この場合は・・・1万から2万の間くらいだから・・・、手数料の総額は約19万円でしょうか。
戻ってきた50万円から19万円を引いて31万円が手元に戻ることになるはずです。

草食ゴジラ:
やけに、手数料が高いような気がしますが・・・。

うさぎちゃん:
おっしゃるとおり。
自己破産の手数料より高いくらいです。
一昨年、元社長さんで700万円の過払い金に対し、160万円以上の手数料をとられてました・・・。

草食ゴジラ:
160万・・・う〜ん。

うさぎちゃん:
だから、過払い請求の裁判なんかは一番簡単な裁判ですので、全部、本人でできるんですけどね〜。

草食ゴジラ:
なんか、すごそうですねー。
ぜひ、そのへんを詳しくお願いします。

次回は過払いについてです。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村

訂正:自殺の原因の8割以上が経済問題と書きましたが、25%でした。
検察庁HP
http://www.t-pec.co.jp/mental/2002-08-4.htm
タグ:平和大使
posted by 草食系ゴジラ at 18:04 | 東京 ☀ | Comment(0) | 統一教会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。