2010年07月17日

[監禁]人権感覚

草食ゴジラです。

今日は、杉並区阿佐谷で『拉致監禁・強制改宗』抗議集会に参加させてもらいました。

今日の抗議集会には、6月14日に監禁された兄弟の相対者家族が挨拶に立たれ、いまの状況を語られました。

抗議集会.jpg


「我が家の時間は、6月14日から止まったままです。」

終始、相対者は泣かれ、お父さんもお母さんもこの一か月の間、本当に苦しい時間を過ごしていることを話されていました。

お母さんの挨拶の中で、杉並警察署に伺い、捜索のお願いを涙ながらに訴えても、担当された警察官は、

「私も親の気持ちがわかる。もし、私の子供が統一教会に入ったら、同じことをするかもしれない。」

この言葉は、統一教会員の立場から見れば、とんでもない発言に違いない。

あきらかに、監禁されている兄弟が、信仰を捨てることを心から願っている言葉である。

これは、警察官という以前に、一般的な日本人として、普通の感覚で言っているに過ぎない言葉だと思う。

そもそも、日本の一般的な家族で、人権だ!憲法だ!と子供が親に言う家は無いでしょう。

良識ある人ならば、子供の将来や幸福を考えて、当然、正しい道に進むことを願うでしょう。

草食ゴジラも子供たちの幸福を願います。

もし、草食ゴジラが、統一教会のことをよく知らず、マスコミで報道される情報しか知らなければ、この警察官と同じ言葉を言うと思います。

おそらく、現役の統一教会信者も同じではないかと思います。

テレビ等の報道で、オウム真理教が登場するまえ、3万組の合同結婚式のときから、全国民が統一教会の名を知るようになったと思います。

95年ころ、霊感商法も注目されてはいましたが、草食ゴジラが会ったある弁護士が、

「草食ゴジラさん、今度、飲みながら合同結婚式の話を聞かせて下さい。妻も、すごく感心を持ってるんですよ。」

おそらく、合同結婚式で結婚するということは、真の父母様をメシヤと思わない限り、絶対にあり得ないでしょう。
当然、ご父母様をメシヤと信じない立場からすれば、ものすごい変わった人たち!もしくは洗脳!と思うはずです。

ここまでは、ごくごく普通の感覚だとは思うのですが、

拉致監禁がどんなにひどい犯罪であっても、それを罪と感じないほどに、統一教会を悪く言う人がいて、それを聞いた家族が、仕事を辞め、子供と一緒に死んでも教会を辞めさせる!という気持ちで、拉致監禁に至っていると言うのです。

昔から、親の言うことを聞かない放蕩息子・娘はいたはずですが、それでも親は子供を信じてくれていたと思います。

ところが、どんなに仲の良い家族であっても、親の心配につけこみ、巧妙に子供の言うことが全く信じられなくなるように教育する人たちがいるのです。

洗脳されている人に人権があるとは思えませんし、正直言って怖い!と思います。

そのように、思いこませる人たちが、私こそ正義だ!と言って、マスコミに登場し、家族を教育しています。

親の願い通り信仰を辞めても、親子の信頼関係が壊れるリスクに、なんの痛みも感じないのか、本当に恐ろしい人たちだと思います。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村


抗議デモ.jpg


posted by 草食系ゴジラ at 22:11 | 東京 ☀ | Comment(4) | 統一教会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月16日

大きな小学生?

草食ゴジラです。

今朝、テレビを観ていて、ふと昔のことを思い出しました。

バス停.jpg


以前勤めていた会社の、同僚だった女性の話です。

彼女は
「きょう、バス停でとなりにいたおばさんに、こんなことを言われた〜!」と大騒ぎしてました。

《会話の再現》
おばさん
 『あなた・・、高校生?』

彼女
 『いえ、ちがいます。』

おばさん
 『え?、中学生?』

彼女
 『ちっ違います!』

おばさん(目を丸くして)
 『お〜きな、小学生ね〜。』

彼女
 『・・・・・』


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村



ちなみに、彼女は18か19歳でした。
posted by 草食系ゴジラ at 11:55 | 東京 ☀ | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[監禁]ICSA

第2回拉致監禁被害者の会で、後藤代表から7/1〜4に米国NYで行われたICSAに参加した報告です。

ICSAとは世界中のカルト問題に関心のある学者、弁護士、元信者などが出席する年に一回開催される会議。
今回の参加者は200人ほどで、アンチカルトの人がほとんどですが、カルト(ICSAでそのように評価されている)側の人も参加できるそうです。

この会議ではたくさんのセッションが開催されていて、そのひとつは日本から参加した紀藤正樹弁護士、山口貴士弁護士と鈴木エイト氏のプレゼンもあり、日本における統一教会の現状(民事訴訟事件・刑事事件)を発表していました。

ここで、紀藤正樹弁護士が日本での拉致監禁問題にふれ、一部の統一教会信者の親に行きすぎた脱会説得行為があったとしても、そこに弁護士や牧師が関わっていることは一切なく、統一教会の拉致監禁キャンペーンはねつ造である旨、言いきっていた。

エイト氏も20分の持ち時間でエイト氏自身が街頭での統一教会員の伝道活動をどれだけ妨害阻止してきたか、また、何度も尾行され、あるときはケガまで負わされても、無償でがんばっているという報告に会場は拍手喝さいだった。

このセッションには「マインドコントロールの恐怖」の著者スティーブン・ハッサン氏も参加しており、セッション終了後、後藤さんがハッサン氏に対し「監禁中、あなたの本を読まされた。今でもあなたの本とマインドコントロール理論は拉致監禁を正当化するために使われている。」と問いただしたら、ハッサン氏は、驚いた様子で「それは、私の理論を誤解している。私は、拉致監禁による脱会説得を支持していない。日本基督教団に対しても手紙を送った。」と言ったそうです。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村

posted by 草食系ゴジラ at 10:59 | 東京 ☀ | Comment(0) | 統一教会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。