2010年05月31日

目的達成のヒント

昨日の平和大使セミナーに婦人がお誘いして来れなかった方からのメールを紹介します。
マジシャンで、別のブログにも紹介されてました。

『良いお話しを教えて頂きました。シェアさせて下さい。

アメリカのとある女の子が、どうしても犬が欲しくなりました。

女の子はお母さんに言います「私も犬が飼いたい」アップルパイ.jpg

お母さんは言います「うちはお金が無いから飼えないのよ」

しかし、そこはアメリカ。独立精神が強いので、お母さんは続けます

「あなたがお母さんに焼いてくれるアップルパイは凄くおいしいから
 それを売ってお金にして、それで犬を飼いなさい」


女の子は「そうか!売れば良いんだ」
と言って、その日から毎日、アップルパイを焼き、家の前で売りました。

そして、1ヶ月に満たない間で、その犬を飼う事ができたのです。

日本人の普通の考えなら、まず子供に商売をさせようなんて思いません。
さらに、アップルパイを売れと言って子供が本気にして
本当にアップルパイを自分の子供が家の前で売り始めたら・・・

「うちがお金が無いように思われるじゃない!」

と言ってやめさせるでしょう。(本当にお金は無いんですが(笑))

さらに、売っていたとしても
「子供が作っているアップルパイは食品衛生上大丈夫なのか?」
思って買わないかもしれません。

でも、この女の子の勇気と行動力に、僕は大きな感銘を受けました。


■ 自分は、この子のように素直な行動ができるのか

■ 自分の子供がいたとして、このような自立を促せるのか

■ こんな子供がいたら、すぐにお金を出してあげる優しさを常に持っていられるか?

そしてここで大事なのは

実はその女の子は、「売り場」に「工夫」をしていたのです。

何をしたのか?

欲しい犬の写真を飾ったのです

「私はこのアップルパイを売ったお金で、この犬を飼いたい」

これを見て、道行く人が、どんどんアップルパイを買ったのです。

【自分の欲しいものやかなえたい夢は、写真にしたりイラストにして飾りなさい】

このお話を聞いたことで僕は、「勇気」「行動力」だけでなく


■ 自分の明確な夢を持つこと

■ その夢を常に目に見えるところにおいておくこと


そして、ここが一番衝撃的だったのですが

■ その夢を人に伝え続けること

これが「一人」の世界でとどまらず、たくさんの人の「共感と応援」という大きな力になったのです。

それをこの女の子は「共有すること」を教えてくれたのです。

○○さんの何かのヒントになれば幸いです。』


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村

タグ:自己啓発
posted by 草食系ゴジラ at 20:58 | 東京 ☀ | Comment(0) | 統一教会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ピースレンジャー

草食ゴジラです。平和大使セミナーに参加してきました。

セミナーの最初に、都議の先生と歌人の先生が平和大使に任命されていました。
前半はUPFの菊谷事務総長、松浪教育局長、魚谷事務次長の講義。
後半は3人の平和大使の活動の紹介がありました。

草食ゴジラが関心したのは、小林さんが紹介したピースレンジャーの活動でした。



通常のみ旨をやりながら地域社会に入り込んでいくのは、相当な決意と信念がなければ、出来ないと思ったからです。

セミナーの最後に交流会があり、皆さん平和大使であり有識者でもあるので、どうしたら良い交流ができるのか考えてみました。

わたしたち食口が、有識者と相対基準を合わせるには、自分は「こういうことをしている何者である」としっかり自己紹介ができることが重要だと思うのです。
警察官や不動産屋と話をしたときもそう思ったのです。

普通、人が人に好感を持つのは、その人の人間性ですが、では人間性はどのようにして培われるかと言えば、日々の活動の積み重ねだと思うのです。
その活動が、公益性があり、専門的であり、さらに独自的であれば、その人の話しを聞いてみたいと思うでしょう。聞けば尊敬できると思うのです。
多くの食口は、自分を犠牲にしながら為に生きています。
ただ、知人、友人、家族にわかるように説明ができないのです。
草食ゴジラもその一人です。
完全な陰徳積善もすばらしいのですが、わかるように説明してこなかったことが、反対派をはびこらせてしまったように思います。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村
posted by 草食系ゴジラ at 00:02 | 東京 ☁ | Comment(0) | 統一教会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月30日

ピースレンジャー

草食ゴジラです。平和大使セミナーに参加してきました。

セミナーの最初に、都議の先生と歌人の先生が平和大使に任命されていました。
前半はUPFの菊谷事務総長、松浪教育局長、魚谷事務次長の講義。
後半は3人の平和大使の活動の紹介がありました。

草食ゴジラが関心したのは、小林さんが紹介したピースレンジャーの活動でした。



通常のみ旨をやりながら地域社会に入り込んでいくのは、相当な決意と信念がなければ、出来ないと思ったからです。

セミナーの最後に交流会があり、皆さん平和大使であり有識者でもあるので、どうしたら良い交流ができるのか考えてみました。

わたしたち食口が、有識者と相対基準を合わせるには、自分は「こういうことをしている何者である」としっかり自己紹介ができることが重要だと思うのです。
警察官や不動産屋と話をしたときもそう思ったのです。
普通、人が人に好感を持つのは、その人の人間性ですが、では人間性はどのようにして培われるかと言えば、日々の活動の積み重ねだと思うのです。
その活動が、公益性があり、専門的であり、さらに独自的であれば、その人の話しを聞いてみたいと思うでしょう。聞けば尊敬できると思うのです。
多くの食口は、自分を犠牲にしながら為に生きています。
ただ、知人、友人、家族にわかるように説明ができないのです。
草食ゴジラもその一人です。
完全な陰徳積善もすばらしいのですが、わかるように説明してこなかったことが、反対派をはびこらせてしまったように思います。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村
posted by 草食系ゴジラ at 23:57 | 東京 ☁ | Comment(0) | 統一教会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。